2017年09月08日

感性山あり谷あり

あまり高いウイスキーばかり飲んでいると経済が逼迫した状態に追い込まれますので、妥協して安いウイスキーを飲むことが多くなりました。

人の舌というのは不思議で、安いウイスキーを飲んだときの「ムッ!これではないぞ?」という鋭敏な感覚も、しばらく経つと薄れていき、すっかり安酒の味に舌鼓を打つ程度に慣れてしまうのでした。

逆に、高級ウイスキーを久しぶりに飲んだときの、「うわっ!なんだこの美味さは」という初体験の感覚を追体験できるのも事実。

感性というのは完成するものではなく、日々更新されるもの。

ウイスキーと同じですね。  


Posted by rodakugo at 10:08Comments(0)アルコール